TOP > ライコネン ブログ
 ← 浜田省吾 大阪 | TOP | キミ ライコネン

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ライコネン ブログ 

2007年10月27日 ()
F1 アロンソを見ていてせつなくなりました
F1 アロンソを見ていてせつなくなりました私は、ライコネンのファンなので本当なら私にとっては「アロンソ」はヒールなので、アロンソが失敗すると(あまりないけど)本音としては「嬉しい」のですが、今日のアロンソを見ていると切ない気分になりました。自分のクラッシュの後を呆然と見つめる姿を見ていると・・・・敵ながら可哀想に思えて・・・。それにしても① これで決まりですかね・・・(勿論、今日の様な事がハミルトンに起こらないとも限りませんが)② アロンソに地獄を見せ、今期、初表彰台目前で引き摺り下ろされたウェーバー・・・。ベッテルは2人に謝ったんでしょうかね。(総シカト)状態になんてなりませんかね。本日のレースの感想も聞けると嬉しいです。宜しくお願いします。(続きを読む)


F1 アロンソとライコネンに非難が集中
F1 アロンソとライコネンに非難が集中アロンソとライコネンの今年のパフォーマンスに対して、「二人はチームメイトを負かす事を考えなければならない」と皮肉まじりの報道がされているそうです。アロンソとハミルトンの立場を考えると、「ハミルトンが実に良くやっている・・・」のであって、3レース終わって1.2.5位のアロンソがとても悪い・・・訳ではないと思います。(ハミルトンの3.2.2.位は正にスーパールーキーって感じですが)ライコネンにしたって1.3.3位ですから、文句を言われるような結果ではないはずです。マッサ君が前回のバーレーンで、数々の非難の声を黙らせる、1位に輝き、「いい感じ」かもしれませんが6.5.1位ですから、安定性がない・・・・(まだ3戦ですが)とも言えると思います。でも、二人は圧倒的な地位を求められているのでしょうか?2年連続ワールドチャンピオンのアロンソはともかくフェラーリは1stも2番手もないとジャントッドが明言している通り、ライコネンとマッサはガチの勝負でいいはずです。ジャントッドはそう言ったけれど、やはり「ライコネンが一番手」との見方が強いのでしょうか?(続きを読む)


F1 上海グランプリ 結果のネタばれありますのでご注意!!
F1 上海グランプリ 結果のネタばれありますのでご注意!!結果を書いていますので、フジテレビの放送を楽しみにしている方々・・・絶対見ないで下さい。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「誰かが仕組んでいるとしか思えない」と、解説の森脇さんが言ってましたが・・・同感です。勝利の女神は「ますます。面白くなったでしょ???」と笑っていそうなレースでしたね。ハミルトンのトラブルは「タイヤ」の破損という事はわかりました。後ろの右側のタイヤが酷く磨耗して、白い中身が見えていた状態だったわけですがピットレーンに入って「運のいい奴」と思った途端のコースオフ・・・・。ライコネンファンの私は思わず「やった」と手を叩いてしまいました。30周目を超えた位だったと思いますが、最初のタイヤをそのまま着けて走っているのは、ハミルトンだけじゃなかったのに、彼にだけあんなタイヤトラブルが起こったのは「走り方」のせいですか?それとも「今日、決めてやろう」と無理しちゃったのでしょうか?あれは、他の3強にも起こり得るトラブルだったのでしょうか?それとも、やはり、今日のハミルトンの走りには問題あり・・・・だったですか?ご意見、解説をお願いします。(続きを読む)



ライコネン
7日に行われたF1グランプリ第15戦中国GPは、キミ・ライコネン(フェラーリ)が優勝し、2位にフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、3位にフェリペ・マッサ(フェラーリ)が続いた。予選でポールポジションをとり、ワールドチャンピオンに王手 ...(続きを読む)


ライコネン これ以上のミスは許されない
フェラーリでの初めてのホームレースを控えるキミ・ライコネンは、チャンピオンシップでのポイント差を挽回する決意を見せている。(続きを読む)


キミ・ライコネン、フェラーリ離脱か
Kimi to leave Ferrari - reports 続きを読む.(続きを読む)



フェラーリCEO 新王者ライコネンとマッサを賞賛
AFPBB News
シーズン開幕を優勝で飾り、途中スランプに陥ったものの最後には立ち直りを見せて劇的な結末でワールドチャンピオンとなったライコネンについて、ディ・モンテゼーモロCEOは「ライコネンは(2006年限りで引退したミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)の代わり ...(続きを読む)


【F1 07】最終戦ブラジルGP、ライコネン優勝で大逆転、初タイトル獲得!
朝日新聞
3位にはフェルナンド・アロンソ(右)。1点差の109点でライコネンにタイトルを奪われた。(写真=Ferrari) ポールシッターのマッサ(手前右)、3番グリッドのライコネン(同左)が好スタート。2番グリッドのハミルトンは、マッサの後方で行き場を失い、 ...(続きを読む)


ライコネン、大逆転王者 今季6勝目、ブラジルGP
中日スポーツ
自動車F1シリーズ最終戦、ブラジル・グランプリ(GP)は21日、フェラーリのキミ・ライコネン(28)が、2位に入った同僚のフェリペ・マッサ(26)のアシストを受けながらも逆転劇で今季6勝目を挙げ、奇跡の逆転チャンピオンを獲得。一方、史上初のルーキー ...(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.10.27(Sat) 07:11] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 浜田省吾 大阪 | TOP | キミ ライコネン

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。